スマートHEMS工事は大阪ズオーデンキへ
HEMS工事をご検討の方はお気軽にご相談ください
 
 
HEMSは、これからのくらしに欠かせない設備です
HEMSとは「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム」の略。
家庭で使うエネルギーをかしこく管理するシステムのこと。家電や電気設備をつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「最適に制御」したりします。
政府は2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することを目指しています。将来、HEMSが一家に1台の時代になります。
スマートHEMS 動画
パナソニックスマートHEMSをムービーでわかりやすくご紹介いたします。左記画像をクリックすると、YouTubeの画面が開きます。
 
HEMSの導入で、電力を見える化したことで、一家で節電に取り組む意識が高まります。一般財団法人省エネルギーセンターの調査によると、省エネナビ設置前後の比較では、前年同月と比べて平均11%の省エネとなっており、1割程度の効果が上がっています。
HEMS(ヘムス)で一体どんな事ができるの?
目に見えない電気の使用量などを専用モニターもしくはテレビ(※1)やお手持ちのタブレットやスマートフォンで「見ること」が出来ます。
※1 パナソニックテレビ「ビエラ」になります。
「見える化」で節電意識がアップ
太陽光発電・エネファームでつくった電気や、蓄電池ユニットにたくわえた電気、使用した電気(家全体・回路ごと)、ガスや水の使用量も見ることが可能。エネルギーを「見える化」することで、家族みんなに節電意識が芽生えます。
エネルギー情報を知らせてくれて、とっても便利
通知情報機能の設定を行うと、生活パターンに合わせた設定時刻にテレビ(※2)から自動でエネルギー情報(買電量や売電量ほか)を知らせてくれるで、忘れずチェックできます。
※2 パナソニックビエラのみ
節電目標のチェックがカンタンに出来る
電気やガス、水の使用量やエコキュート、エネファームの湯量の目標値設定が出来ます。わかりやすいグラフ画面で確認でき、目標設定することでさらに節電意識が高まります。
温度・湿度が確認できる
温湿度センサーを設置すると、屋内や屋外の温度と湿度がモニター画面でひと目でわかります。
W発電でもエネルギーの流れがまとめて見れる
太陽光発電やエネファーム(またはガス発電)のモニターを1つにまとめて見ることが出来るので、発電量などの電気の流れがひと目でわかります。
エアコンを自動的に節電運転
※別売の無線アダプターが必要です。
エアコンの運転を開始(冷房または暖房)してから30分後に省エネ温度(冷房28℃、暖房20℃)に自動で変更してくれます。帰宅時や早朝などつい設定温度を上げ・下げして適正温度に戻し忘れるのを防止できます。
宅外からエアコンを遠隔操作(オン・オフ)
※別売の無線アダプターが必要です
宅外からスマートフォンでエアコンの運転をオン・オフや室温や風量の調整もできます。消し忘れの対策にも役立ちます。
住まいのどこからでもカンタン宅内操作
住まいるサポE型や、スマートフォンでAiSEG対応機器を操作できます。エアコンのオン・オフ操作やエコキュートのお湯はりなど簡単に操作が可能です。
使える電力量を自動で判断
※AiSEG対応IHヒーター
IHクッキングヒーターのスイッチを入れると、住まい全体の使用電力量を判断し、IHで使える電力量を見極め、火力を自動でセーブ。IHを使用しない場合でも、使用電力が契約電力かブレーカ容量を超える場合にお知らせします。
 
 
HEMSってどれくらいするの?
以下の商品がラインナップです。スマート分電盤付きタイプは、既設の分電盤と交換します。計測ユニットやHEMSで近い将来増えるであろう新しい機能に備えた分電盤で、電気を測定する計測ユニットも内蔵しています。
専用スマートコスモ分電盤+AiSEG
XMKN35202JA
計測・通信機能をオールインワン。スッキリ空間を提供します
専用分電盤設置のメリット
AiSEG無線アダプタや周辺機器を住宅分電盤内に搭載することで、設置スペースを削減し、スッキリ空間を提供します。
 
 
AiSEG計測ユニット+AiSEG
MKN7322KHF パナソニック
HEMSモニター付き。スマートフォンやパソコンでも情報を見ることができます。
取り付け工事費にはHEMS用ブレーカ・ブレーカを収納するBOXも含まれます。
※HEMSモニターはLANケーブルを有線接続する必要があります。
 
MKN7322KHE パナソニック
スマートフォンやパソコンで情報を見ることができます。
取り付け工事費にはHEMS用ブレーカ・ブレーカを収納するBOXも含まれます。
モニター代が高額なので、コストを抑えたい方やモニター代の差額でタブレットや新しいPC導入なども検討できますのでオススメです。
HEMS補助金
ホームページに記載した全商品は、平成25年度補正 住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金(HEMS機器導入支援事業) の対象として、一般社団法人 環境共創イニシアチブ(以下「SII」)に採択された機器型番です。
申請をすることで、購入費用(工事費は含みません)の3分の1(上限7万円、下限1万円)が補助されます(工事代は含みません)。申請代行は当店で承ります。
 
 
このHEMSのオプション品
MKN74410
住宅分電盤の分岐回路数を増やす場合に使用するCT(ケーブル付)です。100V計測専用です。
MKN74420
住宅分電盤の分岐回路数を増やす場合に使用するCT(ケーブル付)です。100V計測専用です。
MKN74430
住宅分電盤の分岐回路数を増やす場合に使用するCT(ケーブル付)です。100V計測専用です。
分岐増設用CTってどんな時に必要?
計測ユニットは、標準分岐回路は8回路になっています。いま、お家に設置されている分電盤の分岐回路が8回路以上ある場合は、上記オプションの 【分岐増設用CT】 が必要になります。
分岐回路が以上でしたら増設が必要です
 
 
 
HEMS(ヘムス)工事の流れ
 1. 計測ユニットの取り付け
分電盤の付近に測定ユニットを取り付けます。
※分電盤と計測ユニットが離れて距離がある場合は、別途CT延長ケーブルが必要です。
 2. 計測ユニットへの電源接続
分電盤に電源(100V)、計測ユニットケーブルを配線してつなぎ合わせます。
 3. 電力測定器(CT)の取り付け
各分岐回路に電力を測定するCTを取り付けます。標準8回路装備で、これより回路が多い場合は、別途増設用CTが必要です。
 4. 電力測定器(CT)取り付け完成
 5. 分電盤の接続完成例
 6. AiSEG(アイセグ)の設定・登録
LAN接続が必要です(有線ケーブル)。AiSEGユニットと計測ユニットを設定します。
 7. 測定をみる
設定が完了すれば、お手持ちのスマートフォンやタブレットで見ることができます。
※スマートフォンの設定はお客様でお願いします。
 
 
※パナソニックの分電盤(コンパクト21)以外を設置されているお客様は
今お使いの分電盤の中にHEMS専用のブレーカが設置出来ないので、露出BOXを設けてHEMS専用ブレーカを増設します。
 
 
HEMSヘムス工事営業エリア
大阪府
大阪市内全域・堺市内全域・池田市・和泉市・茨木市・大阪狭山市・柏原市・交野市・門真市・熊取町・四条畷市・島本町・吹田市・摂津市・大東市・高石市・高槻市・豊中市・豊能町・羽曳野市・阪南市・富田林市・寝屋川市・能勢町・東大阪市・枚方市・藤井寺市・松原市・箕面市・守口市・八尾市
その他地域はお問い合わせください
兵庫県
神戸市(1部除く)・尼崎市・伊丹市・猪名川町・川西市・三田市・宝塚市・西宮市・亀岡市(1部除く)
その他地域はお問い合わせください
京都府
京都市(1部除く)・大山崎町・京田辺市・久御山町・八幡市
その他地域はお問い合わせください
奈良県
お問い合わせください